ニコレットにはガムとパッチがある

タバコの価格の値上げが続いていることや、健康に配慮して、禁煙を検討されている方も多いのではないでしょうか。
禁煙を始めるからには、確実に成功させたいものです。禁煙中のイライラした気持ちを和らげながら、スムーズにタバコがやめられるものとしては、「ニコレット」がおすすめです。
ニコレットガムニコレットにはニコチンが含まれていますので、タバコが吸いたくなったときに用いると、無理なく禁煙することができます。
ニコレットには、タバコを吸いたくなったときに噛んで使用するガムと身体に貼って使うパッチの2種類があります。
ガムを利用するメリットとしては、タバコが吸いたくなったときの口寂しさが解消できる点にあります。
パッチタイプのニコレットは、激しい運動をするときには使えないとされていますので、運動をする習慣のある方はガムを利用するとよいかもしれません。
また、タバコを吸いたくなる時間が決まっていたり、日によって吸う本数がまちまちの場合にも、ガムの場合には個数を調整しながら使うことができますので便利です。
パッチを使うメリットとしては身体に貼ることで効果が持続するので、人に気づかれずに禁煙できることがあげられます。
職場や取引先などで、ガムを噛むことが難しい場合におすすめできます。
朝起きたときに貼り付けて、寝る前に剥がせばよいので、手軽に取り組めるのも魅力的といえるでしょう。
ニコレットを使うときに注意したいのが、ガムとパッチを併用しないということです。両方使ってしまうと、ニコチンを過剰に摂取してしまう恐れがあります。
知らず知らずにニコチンを摂取しすぎないよう、1日に摂取できる量の範囲内で使用するとよいでしょう。

ニコレットで禁煙する時の注意点

ニコレットは、タバコをやめたいと考えている人たちのための医薬品で禁煙時のイライラなどの症状を抑える働きがあります。
タバコ医薬品とは言え、タバコを嫌いになる効用があるわけではありません。
ニコレットには、主要成分としてニコチンが含まれており、ガムをかむという習慣をつけることでタバコを止めやすいようにします。
それでは、同じようにニコレットを使用しているのに禁煙に成功する人と失敗する人の違いはどこにあるのでしょう。
ニコレットの使用により禁煙を成功しやすくするためには、いくつかの注意点があります。
まず、タバコを吸うのを完全に止めて使用することです。前述のように習慣を変えるわけですからこれは当然のことです。
次に、1回に2個以上をかまないこと。
1個に含まれているニコチンは身体に影響のない範囲内ですが、2個以上の場合には過剰摂取となる可能性があり、その場合には吐き気やめまいなどの症状がでることがあります。
同様に噛んでいて辛味や苦みを感じる場合には噛むのをやめて、ほほの内側などに寄せて休ませること。
コーヒーや炭酸飲料を飲んだ後はしばらくの間はニコレットを使用しないこと。十分な効果が得られないことがあります。
また、口の中に入れる吸引剤やスプレー剤などとは同時に使用しないこと。同時に使用すると、症状を悪化させる可能性があります。
このように、ニコレットを習慣化させるために障害となるような行為はなるべく避けることが重要となります。
これらの注意点や決められた用法を順守することで、禁煙できる可能性は高まることになります。
ニコレットの場合、基本的には3か月という期間が一応の目安と考えられていますが、まずは1~2週間続けることで習慣性を身につけることがポイントとなります。

ニコレットにもジェネリックがあるらしい

ニコレットは禁煙補助剤として販売され、ガムやパッチからタバコの代わりにニコチンを補給する置換療法として使用されます。
医薬品の中でもOTC医薬品で第二類に分類されているため、医師の処方も必要なく近所のドラッグストアなどで購入することが可能です。
ニコレットは日本で認可されているので入手が簡単というメリットがありますが、価格は安いとは言えないもので、24個入り2,100円、96個入りでも6,900円と結構な金額になります。
最も安く購入できたとしても1個あたり72円ほどかかるため、1日10個も噛むことになれば720円が必要になります。
また、ニコレットガムはニコチン含有量が2mgと非常に少なく、ヘビースモーカーと呼ばれるような人では満足できずに禁煙が失敗することもよくある話です。
ニコレットは日本で販売されていますが、海外ではニコチン置換療法に使用できるジェネリックとなる商品が複数流通しています。
製造および販売を行うのはジェネリック大国と言われるインドで、ニコチン含有量は従来の2mgと2倍に増やした4mgで用意され、価格も大幅にコストダウンして販売されているため、安く入手することが可能です。
例えばニコチン含有量が4mgのニコテックスは、1箱に30個が入っていて2,400円前後で販売されています。
1個あたり80円となるのでニコレットと大差ありませんが、海外の医薬品はまとめ買いをすると大幅な値下げがきくので、7箱セットであれば11,150円ほどで購入でき1個単価は53円となります。
7箱だと210個のガムを購入することになりますが、1日で10個も噛むとすぐに消費していくのでまとめ買いは非常に役に立ちます。