ニコレットはタバコを吸いたいという欲求がなくなる

タバコの煙に含まれているタールは、独特の粘りと臭気があることからヤニとも呼ばれている物質です。このために、タバコを吸うと部屋の壁や服、歯にヤニの色がこびりつくことになります。特に歯にヤニが付いてしまうと歯磨きでは対処できないので、歯科医でクリーニングをしてもらわなくてはなりません。
また、タールはヤニにより見た目を損なうというだけではなく、肺ガンとの関連性が強いと考えられています。このために、美容上の問題だけではなく健康的な観点からも、喫煙者でいることを一刻も早く止めなくてはなりません。ただし、タバコにはニコチンという強烈な中毒物質を含んでいるので、禁煙に成功するためにはこのハードルを乗り越えなくてはなりません。ニコレットは、スウェーデンの海軍で考案されたニコチン置換療法という理念に基づいて誕生した禁煙治療薬で、禁断症状に苦しむことなくタバコを止めることが可能です。これは、潜水艦での航海中の乗組員の禁断症状を緩和するために考え出された理念に沿った内容であり、タバコ以外の方法でニコチンを補給するというものです。ニコレットの場合は、歯茎からニコチンを摂取します。
なお、ニコチンは血管を収縮するという作用があり、毒物に指定されていますが発がん物質ではありません。またニコレットは煙を出さないので、ヤニによる問題に悩むことはありません。このために、タバコからニコレットに移行した時点で、以降は歯を綺麗にするために歯科医に通う必要が無くなるということです。さらに、通常の禁煙ではタバコが吸いたいという欲求のために、悪夢にうなされるということも起こりがちです。しかし、ニコチンを補給しているニコレットの場合は、この様な状況はほとんどありません。